サラダ紹介 2018年11月30日

ホテルシェフの技がキラリ。
野菜が織りなす芸術的なサラダめし

名古屋栄 東急REIホテルの地下に位置するレストラン「ひしや」。温かみのあるモダン空間で、フレンチシェフによる本格的な洋食メニューが味わえます。日本野菜ソムリエ認定レストランでもある同店では、野菜をはじめ素材を生かした料理に定評あり。さらに、今回ご紹介するあいちサラダめしは、シェフの感性あふれる盛り付けにも注目です。

30種類以上の食材を駆使した、
アートな一皿

ライス、フレッシュ野菜、肉みそ、チキンハム、半熟卵などを盛り合わせたボリュームのあるサラダめしに、野菜のパフェをイメージしたパスタサラダを添えて提供する「ひしや」の一皿。料理が引き立つ黒のプレートに、シーザードレッシングをかけて仕上げれば、まるでアートのよう。

このワンプレートに使われている食材は、なんと30種類以上! サラダは、新鮮なリーフレタスをベースに、パプリカや紅芯大根で彩りを、シリアルで食感を、ベビーリーフで香りをプラス。そこへ、国産牛ミンチを赤味噌で甘辛く仕上げた肉みそ、とろりとマイルドな半熟卵、アンチョビやチーズの風味が広がるドレッシングを絡めながらいただきます。素材の持ち味がしっかりと生きつつ、口の中で心地よく調和するバランスはさすがシェフの技!

そして今回、もう一つのこだわりが、サラダめしに添える野菜のパフェ風です。グラスに、トマト、マヨネーズで和えたパスタサラダ、5種の豆&5種の穀物を重ね、色とりどりの野菜チップスをトッピング。クリーミーなパスタサラダを中心に、様々な野菜の魅力を感じられます。

好きな人に食べてほしいから、
栄養にも気遣いを

「私の仕事は“好きな人に食べてもらう料理を作ること”がテーマです。サラダめしは、おいしさはもちろん、栄養面でもバランスがいいように心がけました」と話す、各務伸英シェフ。

サラダめしのほか、野菜をたっぷりといただくなら、お総菜やサラダバー、フルーツなどが70種類以上並ぶランチブッフェもおすすめです。毎週木曜(※)には、愛知の伝統野菜コーナーも登場するのでこちらもぜひチェックして。

※天候の都合などにより、ご用意が難しい日がございます

Information
【あいちサラダめし】
ランチ¥1,900 (ランチブッフェ付き)
ディナー¥1,500(日替わりのスープ付き)
メニューに使われている野菜
  • ・レタス
  • ・パプリカ
  • ・きゅうり
  • ・紅芯大根
  • ・ベビーリーフ
  • ・トマト
  • ・野菜チップス(紫芋・カボチャ・里芋・インゲン・ニンジン)

※使用食材は変更になる場合があります。

店舗名
名古屋栄東急REIホテル B1Fレストラン「ひしや」
TEL
052-251-9531
住所
愛知県名古屋市中区栄3-1-8
営業時間
ランチ11:30~14:30、ディナー17:30~22:00(LOは各30分前)
定休日
無休
駐車場
76台(有料)
アクセス
【電車】地下鉄東山線・名城線「栄」駅8番出口から徒歩8分、東山線・鶴舞線「伏見」駅4番出口から徒歩8分
【車】広小路通「広小路本町」交差点を南へ、一つ目の交差点を東へ、さらに一つ目の交差点を北へ約50m、左手
公式サイト
https://www.tokyuhotels.co.jp/nagoyasakae-r/restaurant
シェアする
facebook line