サラダ紹介 2019年1月25日

契約農家直送!
10品目の彩り野菜を堪能できる多重奏サラダめし

地下鉄桜通線「車道」駅からほど近く、風にたなびくトリコロールのイタリア国旗が、ひと際目を引く「italian cafe LOKO」。気軽なフードやドルチェ、ドリンクが楽しめるカフェとして、また本格イタリアンを堪能できるダイニングとして親しまれています。10品目の野菜を使った新登場のサラダめしは、野菜への愛情が凝縮された自然の恵みが伝わる一皿です。

食感や甘み、苦みなど野菜本来の個性が生きる

自社農園で自ら野菜の栽培を手がけるなど、食材への情熱あふれるオーナーシェフの原田賢志さん。「italian cafe LOKO」では、野菜を知り尽くした原田さんが厳選する無農薬野菜を中心に使用しています。中でも、野菜の魅力を存分に楽しんでほしいと、1年ほど前にメニューに入りした「サラダボウルランチ」をベースに、ピリ辛の肉みそで変化を加えたサラダめしがディナー限定で登場しました。

深さのある大ぶりのガラスボウルに盛りつけられるのは、愛知県の知多半島、渥美半島産を中心に、契約農家から直接仕入れる10品目の野菜たち。その彩りとボリューム感は、思わず写真を撮りたくなるインパクト大の一皿です。

主食のミックスビーンズ、彩り豊かな野菜の上には、鶏の挽き肉にピリ辛赤味噌、自家製のトマトソースなどを加えた肉みそをたっぷりと。深みのある肉みその辛味がアクセントになっています。その上にポーチドエッグをのせたら、さらに角切りのトマト、マスタードグリーンと野菜の層が重ねられ、シーザードレッシングをかけたら完成。酸味とまろやかさで、サラダめし全体をまとめながら奥行きを演出しています。

素材に寄り添う料理を通して、食育の大切さも発信

契約農園や自社農園で収穫体験のプログラムを企画するなど、食育の発信にも力を入れる原田さん。「野菜本来の個性が伝わるように、なるべく手を加えないようにしています。一つひとつの野菜の苦みや甘み、食感の違いなどを感じてほしい」と、素材の声に耳を傾けながら、料理を通して自然の恵みの大切さを伝えています。

Information
【あいちサラダめし】¥1,600(スープ、前菜付き)※ディナー限定
メニューに使われている野菜
  • ・サニーレタス
  • ・赤パプリカ
  • ・黄パプリカ
  • ・むらさき水菜
  • ・水菜
  • ・かぶ
  • ・紅芯大根
  • ・ニンジン
  • ・トマト
  • ・マスタードグリーン

※使用食材は変更になる場合があります。

店舗名
italian cafe LOKO(イタリアン カフェ ロコ)
TEL
052-937-1719
住所
愛知県名古屋市東区葵2-3-22 ハウスアベニュー1F
営業時間
11:00~15:00(LO 14:30)、17:30~23:00(LO 22:00)
定休日
不定休
駐車場
なし
アクセス
【電車】地下鉄桜通線「車道」駅4番出口から徒歩1分
【車】桜通「赤萩」交差点から西へ約300m
公式サイト
http://loko.jp
シェアする
facebook line