サラダ紹介 2019年8月23日

おまかせコースに、
スペシャリテとしてサラダめしが登場

数々の名店で腕をふるってきたシェフの野々山光さんが50歳を機に独立し、オープンしたレストラン「ルミエール アキラ」。料理、サービスなどすべて一人で目が行き届くようにと、店内はカウンター6席、料理のメニューは15,000円のおまかせコースのみ。今回、2日前までの予約に限り、コースの締めにサラダめしがプラスされるスペシャルコースが誕生しました。

カリフラワー米とワイルドライスの
体が喜ぶサラダめし

今回のサラダめしが付く特別コースでは、口取り、前菜、魚、肉の後にスペシャリテとしてサラダめしが登場。「魚、肉料理の後なので重すぎず、気持ちよく野菜をたっぷり食べていただけるように仕上げました」と野々山さんが語る一皿は、主食の代わりにカリフラワー米とワイルドライスを使用。バターで炊いた後、トマトの中をくり抜いた器によそいます。

合わせるのは、鶏肉のムネとモモをブレンドした自家製ミンチを、八丁味噌、香辛料、赤ワインで炊いた肉みそ。香辛料は、カイエンペッパー、ターメリック、八角、コリアンダー、クミン、クローブなどを使っているので、カレーのようなエキゾチックなテイストになり、様々な香りが折り重なりながら奥深い味わいを生み出します。
さらに、大ぶりで濃厚な黄身が特徴の岡崎おうはんの卵を使った目玉焼きをのせると、今にもとろけ出しそうな鮮やかな黄身のビジュアルが、肉みそのスパイシーな香りと相まって食欲をそそります。

野菜は、昆布でマリネにしたキュウリ、ソテーした後にトマトの果肉ソースで和えたパプリカ、ズッキーニ、ナスなどの夏野菜を彩りよく盛り付け。小松菜の新芽、レタスなどみずみずしい葉物がたっぷりのります。
仕上げにはマヨネーズベースのドレッシングを。マヨネーズに、脱水したヨーグルト、生クリーム、ディジョンマスタードなどを加えることで、さわやかさをプラス。コクがありながらもライトな味わいになり、野菜一つひとつの個性を引き立てます。

選りすぐりの素材を使い、
オーダーメイドのレストランを

「野菜は鮮度が命。とれたてのものはみずみずしくて甘く、パリパリ、シャキシャキなど食感も楽しめます」と野々山さん。野菜はできるだけ愛知県産や近隣県のものを中心に使用するなど、素材へのこだわりもひとしお。輝かしいキャリア、熟練の技を発揮する新たなステージで「体が喜び、心を満たす品々でオーダーメイドのレストランを目指しています」。

Information
【あいちサラダめし】
¥15,000(税込)のサラダめしコースの一部として
※2日前までに要予約
メニューに使われている野菜
  • ・トマト
  • ・パプリカ
  • ・ズッキーニ
  • ・ナス
  • ・キュウリ
  • ・レタス
  • ・小松菜の新芽

※使用食材は変更になる場合があります。

店舗名
ルミエール アキラ
TEL
052-325-7377
住所
愛知県名古屋市東区筒井3-34-2 赤萩サンプラザ西棟2F
営業時間
18:00~22:00
定休日
日曜、その他月2日不定休あり
駐車場
なし
アクセス
【電車】地下鉄桜通線「車道」駅2番出口から徒歩5分
【車】桜通「赤萩」交差点から東へ約170m、2つ目の信号を左折し、北東へ約130m進み左折してすぐ
公式サイト
https://www.facebook.com/lumiereakiranonoyama/
シェアする
facebook line