取組紹介 2019年2月15日

知多半島の野菜を販売する「げんきの郷」で考案!
個性豊かなあいちサラダめし3食

大府市にあるJAあぐりタウン「げんきの郷」では、知多半島の新鮮な野菜や果物、魚介類などが販売されています。飲食店や出店などもあり、まさに“知多の旬”を味わえるスポットです!知多地方はもとより、三河地区、名古屋からのお客さんも多く訪れています。

10月にこちらで行われた「旬感 in 知多半島」というイベントでも「あいちサラダめし」がふるまわれ、参加者からは大好評!それを踏まえて、今回「地元野菜をもっとPRしたい!」との思いで、げんきの郷の中にある飲食店3店舗で、オリジナルの「あいちサラダめし」を販売することに。ご担当の細田さんは「知多半島には季節のおいしい野菜がたくさんあります!まずは地元愛知の人に食べてもらって、地元の野菜を好きになってもらえたらうれしいです」と話してくれました。それでは、店舗ごとに個性豊かな一皿をご紹介していただきましょう!

まずは、テイクアウトの惣菜やパンなどができたてで味わえる「できたて館」。こちらでいただけるのは、にんじんとコーン、マヨネーズを絡めたごはんをベースに、大豆となすがごろごろ入った肉みそがたっぷり乗った「知多のサラダめし(450円)」。

パプリカの彩りが良くて食欲をそそりますね!「ごはんに味をつけてあるので、最後の一口までおいしく食べられますよ!冬でもサラダをしっかり食べてほしいですね」とコメントをいただきました!

次にご紹介するのは、温浴施設「めぐみの湯」の食事処「カフェレスト夕凪」。平日限定で、ボリュームたっぷりの「あいちサラダめし(850円)」が味わえます!

まず驚くべきは…このコスパの良さ!大きな丼に豪快に盛り付けられた「サラダめし」に、和風だしの香るうどん、小鉢とデザートまでついています。「女性に食べてほしくて、あれこれ付けました(笑)。でもこのボリュームなので、男性でも大満足ですよ!」。
主役のサラダめしは、シャキシャキとした野菜の食感が豊かで、オーロラソースと鶏そぼろが絶妙に絡み合って絶品でした!

3店舗目は、高級感のあるたたずまいが幅広い世代から人気の「だんらん亭」でのメニューをご紹介。

なんと国産牛のローストビーフに6種類以上の野菜をトッピングした「ローストビーフのサラダめし(1,300円)」です。「お肉だけではちょっと重い…という方にもさっぱりと食べていただけますよ!げんきの郷らしく野菜をたくさん使ったメニューを意識しました」と開発のこだわりを聞かせてくれました。各店の特色が光る「あいちサラダめし」をぜひ食べ比べてみて。

シェアする
facebook line