調理時間 20分

伝統野菜の奥深い味わいと食感が際立つ一品
柚子胡椒マヨ&コチュジャンマヨがアクセントに!

春の伝統野菜を使った「あいちサラダめし」

材料 ※1人分
・ご飯 150g
・ファーストトマト 1切※
・養父早生玉ねぎ 1/8個※
・愛知早行ふき 4切※
・ブロッコリー 2切
・サニーレタス 1枚
・水菜 少々
・マヨネーズ 適量
・コチュジャン 適量
・柚子胡椒 適量
・塩 適量
・ごま油 適量
※ファーストトマト、養父早生玉ねぎ、
愛知早生ふきの3種類が伝統野菜です。
・肉みそ 50~60g
・厚焼き玉子 1/6個

【肉みそ(作りやすい分量)】
・鶏ひき肉 200g
・干ししいたけ 2枚
・しょうが 1片
・調味料
豆味噌 大さじ1~2
酒 大さじ3
みりん 大さじ2
砂糖 大さじ3
だし汁 100cc
粉山椒 お好みで

【厚焼き玉子(1個分)】
・卵 6個
・だし汁 30cc~50cc
・うす口しょうゆ 小さじ2
・砂糖 大さじ2
作り方
  • 1
    肉みそを作る
    戻した干ししいたけは小角に切り、しょうがはみじん切りにする。鍋でしょうがのみじん切りを炒め、ひき肉を炒め、色が変わってきたら、しいたけ、調味料を入れて、弱火で汁がなくなるまで煮詰める。
  • 2
    厚焼き玉子を作る
    ボウルに卵を割りほぐし調味料を混ぜ、ザルで漉す。卵焼き鍋器で、数回に分けて流し入れ、焼く。
  • 3
    サラダを作る
    サニーレタスはちぎり、水菜は4cm位に切り、養父早生玉ねぎはスライスして、サニーレタス、水菜、玉ねぎを氷水につけてパリッとさせる。ブロッコリーは小房に分けて茹でる。愛知早行ふきは塩をまぶして茹で水にとって皮をむき、4cm位に切り、ブロッコリーと一緒にボウルに入れて塩とごま油で下味をつける。ファーストトマトはくし型に切る。
  • 4
    2種類のソースを作る
    マヨネーズにお好みの量のコチュジャンを混ぜたソースと、マヨネーズに柚子胡椒をお好みの量混ぜたソースを作る。
  • 5
    器にご飯を盛り、サニーレタス、水菜、肉みそ、愛知早行ふき、ファーストトマト、養父早生玉ねぎ、ブロッコリー、厚焼き玉子を盛り合わせ、2種類のソースを添える。
シェアする
facebook line