サラダ紹介 2018年11月16日

ブルックリンスタイルで味わう、
タコライスの進化系サラダめし

※店舗が東区に移転し、店名が「THE EAT SHOP」から「THE EAT SHOP izumi」に変わりました。写真・店内の説明は旧店舗のものです。

※写真は旧店舗の外観です。

写真屋兼民家として使っていた建物をリノベーションし、2018年6月にオープンした「THE EAT SHOP」。古いもの生かして楽しむブルックリンスタイルの陽気な店内では、肉料理を中心に、食べ応えのあるアメリカンフードなどが味わえます。中でも注目は、スタッフのまかないをきっかけに進化したタコライス風のサラダめし。目玉焼きの黄身ととろけるチーズが絡み合う、食欲をそそる一皿です。

半熟の黄身とチーズがとろけ出す!
見た目も鮮やかな新名物

「揚げ物や味噌など、茶色系の料理が多い名古屋めしの中で、野菜をたっぷり使って彩り豊かな新名物を作りたかった」と話すのはマネージャーの菅原さん。

思わず食指が動く赤や緑のカラフルな生野菜をはじめ、レンコンやサツマイモなどの野菜をチップスにして加えることで、食感の違いも楽しめる組み合わせに。

みずみずしい野菜に合わせるのは、濃厚でありながら後味の良い肉みそ。元々スタッフのまかないとして誕生し、メニュー入りしたタコライスに使っていたタコスミンチをベースに、名古屋ならではの赤味噌や醤油など和の調味料を加えることで、深みがありながらも重すぎない味わいに仕上げています。

また、山盛りのサラダめしの頂上からとろけ出すのは、目玉焼きの黄身とチーズ。卵にとろけるチーズをのせてフライパンで焼くことにより、チーズの表面がカリッと香ばしくなり、半熟状態の黄身とチーズがあふれ出して野菜に絡みます。

さらに、野菜と肉みそ、ご飯のつなぎ役を果たすのが、酸味が強すぎず、サルサソースとの相性が良いシーザードレッシング。マヨネーズと共に、まろやかにまとめています。

1人でも大人数でも楽しみ方自在の
アメリカンダイナー

1人でも気軽に立ち寄れる1階席のほか、落ち着いた雰囲気の2・3階、スイカ割りやお月見など季節ごとのイベントを盛り込んだプランを楽しめる貸切り用の屋上など、シーンに合わせて使い分けられるのも人気の理由。

サラダめしのベースになったタコライスをはじめ、濃厚なソフトクリームにフルーツやスイーツ、和の甘味などをどっさりトッピングした新感覚のステアソフトクリームなど、スタッフのアイデアから続々と生まれる創作フードも要チェック。遊び心あふれるダイナーです。

Information ※店舗情報(価格含む)は2021年3月末時点のものです。
【あいちサラダめし】
ランチ(スープ付き)¥800(税込)※土曜・祝日¥1,000(税込)
メニューに使われている野菜
  • ・レタス
  • ・サニーレタス
  • ・グリーンリーフ
  • ・パプリカ
  • ・トマト
  • ・パセリ
  • ・チャービル
  • ・レンコンやサツマイモなど季節の野菜

※使用食材は変更になる場合があります。

店舗名
THE EAT SHOP izumi
(ザ・イートショップイズミ)
TEL
052-854-6405
住所
愛知県名古屋市東区泉1丁目14-18
営業時間
ランチ11:30~15:30(LO15:00)、ディナー18:00~23:00(LO22:30) 
定休日
日曜
駐車場
なし
アクセス
【電車】地下鉄「久屋大通」駅1A出口から徒歩1分
【車】若宮大通「矢場町」交差点から南西へ約200m
公式サイト
https://www.instagram.com/theeatshop/
シェアする
facebook line