サラダ紹介 2018年12月14日

円頓寺商店街で愛される町の
ダイニングで発見!
韓国風サラダめし

円頓寺商店街の一角、近隣住民や周辺のオフィスワーカーたちが、食堂のように足繁く通う店「アランチャ」。名古屋を代表する一流ホテルの厨房で腕をふるったシェフが「明日も来たくなる店に」と、客の要望に応じて生み出したメニューは数知れず。その技術とアイデアを惜しみなく注いだ品々は、週替わりランチの麺メニューだけでも、数百種類にも及ぶとか。中でも、意表を突くメニューの1つ「韓国風まぜそば」の姉妹メニューとして、新たに韓国風のサラダめしが仲間入りしました。

自家製キムチと
彩り野菜たっぷりのピリ辛まぜめん

イタリアンバールを冠する店名でありながら、メニューを開くと鉄板ナポリタンやオムライス、ステーキ、タコ焼き、串カツなど、ジャンルを超えたバラエティ豊かな料理が名を連ねる「アランチャ」。ホテルのフレンチをはじめ多国籍料理、肉料理専門店など数々のステージでキャリアを積んだオーナーシェフ・伊藤秀樹さんの懐の深さを感じます。

今回メニューに加わったサラダめしは、ベースとなった「韓国風まぜそば」(950円)同様、ラーメン店に卸している製麺所から仕入れる本格太麺を使用。キュウリやニンジン、白菜などを漬け込んだ自家製キムチ、プチトマト、オクラ、カイワレ大根をたっぷりとのせます。味の鍵を握る自家製の肉みそは、玉ねぎやネギ、ショウガなどを細かく刻み、豆味噌、豆板醤に和風だしや魚粉を合わせた、深みと広がりのある味わいです。

それぞれの素材がしっかり主張し、複雑な香りと味わいに包まれながらも、口の中で見事に一体化するサラダめし。自家製のレモンベースのドレッシングにより、すっきりとした香りが尾を引き、箸が進みます。

「ただいま」と言いたくなる安心感と
バラエティに富んだ料理で迎える

趣向を凝らした品々を引き立てる、ドリンク類にも注目を。「単に安いワインではなく、一人ひとりの好みやその日の料理に合わせて、クオリティの高いワインをリーズナブルに提供したい。だから儲けは度外視です」と伊藤さん。メニューに載っていない隠し銘柄も多いので、相談しながらセレクトするのもおすすめです。

いつ訪れても変わらないアットホームな雰囲気と、訪れるたびに新しい発見に満ちた伊藤さんの料理の数々。地元の人のみならず、単身赴任や出張などで名古屋と縁を持った人、旅行者など、円頓寺商店街を行き交う多くの人々の心をしっかりつかんでいるようです。

Information ※店舗情報(価格含む)は2019年7月末時点のものです。
【あいちサラダめし】¥1,100(税込)
メニューに使われている野菜
  • ・オクラ
  • ・ミニトマト

※使用食材は変更になる場合があります。

店舗名
イタリアンバール アランチャ
TEL
052-551-1676
住所
愛知県名古屋市西区那古野1-11-10
営業時間
11:30~14:00(LO13:45)、17:00~23:00(LO22:30)
定休日
日曜、祝日の月曜日
駐車場
なし
アクセス
【電車】地下鉄桜通線「国際センター」駅2番出口から徒歩6分
【車】江川線「明道町」交差点から南東へ約250m
公式サイト
http://arancia.info/
シェアする
facebook line