サラダ紹介 2019年8月2日

地元野菜のマクワウリを使った具だくさんサラダめし

安城市にある「海と畑の台所」をコンセプトにしたカジュアルなカフェ「ココペリシュリンプ」。こちらでは地元の伝統野菜・マクワウリと、お店の看板素材・エビを使った具だくさんなサラダめしがいただけるそうです。

マクワウリのやさしい甘みと香り、食感を感じられる一皿

白くてみずみずしい安城市の伝統野菜・マクワウリを中心に、オクラ、クレソン、水菜、サニーレタスなど葉物野菜がたっぷり!そこにナスとトマトが彩りを添えています。野菜には、レモンの酸味を効かせた自家製ハーブドレッシングがかかっているので、八丁味噌仕立ての甘めの肉みそと味をお互いに引き立て合っています。エビは贅沢にも4匹使用していて、からめてあるガーリックハーブのソースが食欲をそそります。温泉卵を混ぜて全体的にまろやかにして食べるのはもちろんのこと、肉みそやエビをご飯と一緒に食べても、個性的な野菜それぞれを単体で食べても、それぞれの味を楽しめるのでおすすめ。

「マクワウリを初めて料理に取り入れたのですが、味も香りも食感も主張しすぎない食材で、とても使いやすかったです。あえて細かく刻んだり他の素材と混ぜたりせずに、大きく切って料理の主役として使いました!」とスタッフさん。マクワウリはメロンのようなやさしい甘みとフルーティーな香りが特徴。みずみずしい野菜なので暑い季節にも食べやすいですね!今回のメニューでは、他の野菜やエビ、肉みそとも馴染みながらも、マクワウリの風味、やわらかな食感が活きています。
実はこのマクワウリ、地元の安城農林高校の生徒さんが作ったもの。「私たちが育てた地域の伝統野菜がこんなにおいしいメニューになるなんて!」と、学生さんたちも大喜びです。

一皿の中に感じられる自然の恵みを堪能して

こちらのお店のコンセプトは「海と畑の台所」。三河湾で獲れたエビや、奥三河・東三河で育ったお肉やお米を使っています。特に野菜や果物は、栽培方法にこだわる契約農家や、八百屋さんから直送されているそうです。生産者の顔が見える厳選された素材で、おいしいカフェごはんや手作りスイーツがいただけます。一皿の中にたっぷりと自然の恵みを感じながら、ゆったりとした時間を過ごしてみるのにおすすめです。

Information
【あいちサラダめし】
ココペリ風ガーリックシュリンプ ¥1,814(税込)
メニューに使われている野菜
  • ・オクラ
  • ・トマト
  • ・なす
  • ・クレソン
  • ・マクワウリ
  • ・サニーレタス
  • ・水菜
  • ・トレビス
  • ・白菜
  • ・キャベツ
  • ・タマネギ

※使用食材は変更になる場合があります。

店舗名
ココペリシュリンプ
TEL
0566-91-3353
住所
愛知県安城市篠目町竜田78-1
営業時間
11:00~23:00(OS22:00)
定休日
毎週水曜
アクセス
【電車】「JR三河安城駅」下車、タクシーで5分
【車】名古屋方面から国道1号線「今本町西」交差点を右折、5つ目の「篠目町竜田」交差点をこ100m
シェアする
facebook line