サラダ紹介 2020年4月24日

陽気な女性2人がもてなす、
旬の野菜をたっぷり使った夜のサラダめし

キッチン担当の伊藤愛さんとホール担当の滄木みほさんが、女性2人で営む「cafe バビュー」。“お酒が飲める喫茶店”をイメージしたという、レトロ喫茶を思わせるノスタルジックな空間で味わえるのは、その時期に一番おいしく食べられる、季節の野菜を使ったサラダめし。自宅に帰ってきたような雰囲気の中、陽気な2人がもてなす遊び心いっぱいのサラダめしで、エネルギーチャージを!

一つひとつの野菜の持ち味が際立つ、
香りや食感のアクセントが楽しい一皿

春からの新メニューとなるサラダめしの主役は、みずみずしい野菜たち。地元産の野菜をはじめ、長年懇意にしている八百屋がセレクトする目新しい品種の野菜が使われます。

「味噌を使った料理が好き」と話す伊藤さんが、自信を持って作る肉みそは、豚肉のミンチをベースに赤味噌、みりん、ニンニク、ショウガなどで調味。大きめにカットした揚げナスやトマトを加えて、さらに軽く炒めます。肉みそのまろやかさと、ナスやトマトの野菜ならではの甘みが調和し、マイルドな味わいに仕上がっています。

ご飯、肉みそをよそい、周りにはレタスやベビーリーフ、大根、水菜など野菜を盛り付け。油でカラッと揚げたフライドエッグをのせます。

優しい味わいの一皿の中で、アクセントになるのが香りの豊かな香味野菜です。肉みそから香り立つニンニクやショウガに加え、三つ葉、ネギ、カイワレ大根など、主張の強い香味野菜をトッピングすることで、プレート全体の味わいを引き締めます。 また、フライドエッグのサクサク感、野菜のシャキシャキ感などいろいろな食感が楽しめるので、食が進む一皿。「ワンプレートの中で、多彩な香りや食感の違いを楽しんでほしい」と話す伊藤さんの遊び心が詰まっています。

プレートの縁に添えられるのは、辛子を加えて豆乳でのばした辛子マヨネーズソース。豪快に混ぜ合わせたり、野菜にディップしたり。好みに合わせて味の変化が楽しめるのも魅力です。

「しっかりご飯を食べたい時にも、お酒を楽しみたい時にも使っていただきたい」という店のコンセプトを反映したサラダめし。伊藤さんによると「野菜、主食、お肉とあらゆる要素が入った食べ応えのある一皿なので、一人ご飯や、飲んだ後の締めのご飯にもぴったりです」とのこと。

「食がつなぐ人の縁に感謝」
日替わりの黒板メニューも注目

「季節によっては、親戚が作る野菜の差し入れがあったり、料理に使ってほしいとお客さんから食材をいただいたり。野菜が余った時は、お客さんにおすそ分けすることも。野菜、食が人の縁をつないでくれています」と話す伊藤さんと滄木さん。春のタケノコやアサリなど、季節を伝える山の幸や海の幸も登場する、日替わりの黒板メニューにも注目です。

Information ※店舗情報(価格含む)は2020年4月末時点のものです。
【あいちサラダめし】¥1,100(税込)※ディナータイム限定
メニューに使われている野菜
  • ・レタス
  • ・サニーレタス
  • ・水菜
  • ・大根
  • ・ベビーリーフ
  • ・ナス
  • ・トマト
  • ・ショウガ
  • ・ニンニク
  • ・ネギ
  • ・三つ葉
  • ・カイワレ大根

※使用食材は変更になる場合があります。

店舗名
cafe バビュー
TEL
052-508-5615
住所
愛知県名古屋市東区葵3-23-20 メゾン千種1F
営業時間
ランチ11:30~15:00、カフェ15:00~18:00、ディナー18:00~23:00(LO22:00)
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、当面ディナータイムは休止中。詳細は店舗へ要問い合わせ。
定休日
日・月曜 ※臨時休業や営業時間変更の場合あり。
駐車場
なし
アクセス
【電車】地下鉄「千種」駅5番出口から徒歩2分
【車】錦通「新千種橋西」交差点から西へ約100m、左折して左手
公式サイト
http://www.cafebabyu.com/
シェアする
facebook line